HOME > ブログ > 7ページ目

ブログ 7ページ目

残すところあと2週間

夏期講習後半もすでに2日が経ちました。
休み中に出しておいた宿題の答え合わせや間違い直し、
暗記の確認を中心に授業を進めています。
 
答えを渡して
「丸つけをして間違えたところを直しておいて」
と言いたいところですが、
間違いに気付かず丸をつけたり、答えをただ書き込むだけになってしまうので、
まだまだ任せることができません。
手間と時間はかかりますが、
一人一人の宿題をチェックしつつ、出来を確認します。
 
「こんなところができていないのか!」と驚きつつも、
すぐに授業を行い補強します。
最後に口頭で質問をしたり、実際に書かせてみたりして、出来を確認し、やっと一安心。
でも、それが4教科…。
 
いくら時間があっても足りない夏休みですが、
残すところあと2週間になりました…。

夏期前半最終日

今日で夏期講習前半が終了です。

6年生は、1日10時間×11日間は長かったかと思いますが、
全員皆勤で本当に頑張ってくれました。
この頑張りが講習会後半へ、やがては本番へと
つながってくれれば! と心から願っています。

毎日やってきて実感してくれてるとは思いますが、
問題に対するひらめきやコツなどの感覚は1、2日でも空けてしまうと直ぐに悪くなってしまいます。
せっかく培った感覚ですから、休み中も鈍らせないよう頑張って勉強して下さい。

休み明け、キレッキレの皆さんをお待ちしております。

夏期講習後半は8月18日からです。

それでは、よい夏休みを!

ただいま夏期講習中です

夏期講習も気がつけば7月も終わりで、はや8日目です。
各教科とも総復習を中心に授業を進め、二学期からの過去問演習に備えています。
 
総復習を進める中で、この時期、生徒さんには、
「どこができていないのか」
「何を覚えなければいけないのか」など、
弱点や苦手を認識してもらわなければなりませんし、
「解けるようになるにはどうすればよいか」
「さらにレベルを上げるには何をすればいいのか」など
自分なりの解決の仕方や勉強方法を見つけてもらわなければなりません。
 
我々講師陣も、個々の到達度を絶えず把握しながら
様々なリクエストに応じられるよう器量に磨きをかけなければなりませんし、
近づいてくる入試に対してそろそろ準備を始めなければなりません。
 
「いくら時間があっても足りない!」
ということに気付かされる夏期講習であります。
 
前期終了まで残すところあと3日
実りのある夏期講習にしたいと思っています。

理科と算数と食塩水

前回、理科と社会では「時差」の共通点があるという話題を出しました。
理科と算数にも共通点があります。
例えば「食塩水の濃度」です。
理数系、などと一括りされることも多い二つの教科ですが、
濃度計算も然り、計算の代表として東海中学や南山女子中学など、数多くの中学で出題されます。
基本的な公式も同じですし、濃度が違う食塩水同士の混ぜ合わせや水の蒸発後の濃度など、
共通する問題も多いのです。
混ぜ合わせ問題では、公式だけでなく面積図や天秤を使った解き方など、生徒さんの相性によって様々な解き方で授業します。
 
しかし、大きく違う点もあるのです。
 
理科は算数ほど高度な操作は出てきません。
東海中学や滝中学の算数みられるように、食塩水を何グラムか取り出し、別の濃度の食塩水に入れ、
よく混ぜたあと、再び取り出して初めの容器に戻す…などという「やりとり」系の問題は出てきません。
 
そのかわり、理科では食塩に「溶解度」が存在します。
つまり、水に食塩を入れても、全て溶けるとは限らないのです。
さらに温度によっても溶ける量は異なります。
溶けた食塩と、溶け残った食塩。
そこまで考えて計算しなければならないのです。
 
他にも、理科は濃度が割り切れないことが多く、四捨五入に気を配る必要があるなど、
実践で必要なポイントに注意して、授業を行っています。

時差の計算は社会?理科?


小6社会の授業より

社会科のテキストも終わりに近づき、今日は「世界のすがた」について授業しました。
六大陸・三大洋から始まり、環境問題、地図の種類や世界各国の面積など、南山女子中・滝中を受験するなら必須の分野です。

時差の計算方法を解説したところ、「理科でも習った」という話になりました。

社会の時差と理科の時差、違いはあるのでしょうか。

同じ「時差」という単元でも、社会では緯度や経度の説明から入り、
経度の差と日付変更線との位置関係から時差を算出します。
それに対して理科では、時差を求めるところまでは同じなのですが、
そこに太陽の動きを加えて、南中時刻の計算に発展していきます。

違う教科でも同じ単元を扱い、
同じ単元でも教科によって目的が違うのです。

また、「環境問題について」は、理科も社会も
何が原因か、どんな影響があるか、現在どんな対策がとられているか・・・
といったように進みますが、
社会では、そこからさらに環境に関する会議や条約などを覚えなければなりません。

この様に、同じ単元でも様々な視点から解説できるよう、教科間で絶えず連携を取り合って授業に取り組んでいます。

東海中学国語対策に向けて

おおぞら学習塾の6年生は、国語の授業の一環として、週に二回作文の宿題が出されています。
お題の多くは「小学生新聞」の記事から選んでいます。
主に要約と感想の二本立てですが、場合によっては課題を付け加えてそれに沿った作文にしています。
3月から始めたのですが、始めた頃は皆なかなか上手く書けず相当苦労していました。
家でも新聞を読むことを勧めてはいますが、
真剣に読もうとなるとなかなか難しいようで、
ましてや読んだ後に要約したり感想を書く…となると至難の業になるみたいです。
でも、作文を宿題として出されてしまったなら…書かないわけにはいかないですよね。
でも根気よく続けてきたおかげで最近では
文章を書くのが早くなった! 上手くなった! と保護者様からはご好評を頂いております。
もちろん、要約するにはよく読み込まなければなりませんし、
感想を書くにはよく考えなければなりません。
読む練習、まとめる練習、考える練習、書く練習。
作文には中学受験の国語で必要な技術がたくさん詰まっています。
難関校では、国語の問題に自由作文形式の問題が数多く出題されています。
特に東海中学では、新聞記事の要約問題も出題されたことがあります。
もちろん、夏期講習中も引き続き作文を書いていく予定です。
9月以降の過去問演習に向けて、国語力を強化していきたいと思っております。


GWのお知らせ

おおぞら学習塾はゴールデンウイーク休みの為、4月29日(土)~5月5日(金)の間休業いたします。

南山中学(男子部)合格!!

南山中学(男子部)に合格しました! おめでとうございます。

名古屋中学合格!!

名古屋中学に合格しました! おめでとうございます。

愛知中学合格!!

愛知中学に合格しました! おめでとうございます。

<<前のページへ12345678

アーカイブ

このページのトップへ